友人や知り合いの紹介による転職について

転職を周囲の人にほのめかすと、しばしば新たな医療機関を紹介してくれる人が現れます。
友人かもしれませんし、知り合いの先生の紹介となるかもしれませんが、こうした知り合いのツテによって転職先候補を知る機会は、医師であれば決して珍しくはないでしょう。

ただ、人からの紹介での転職にはメリットもあればデメリットもあり、そのバランスを見極めつつ判断しなければいけません。
特に問題点や注意点といったマイナス要素に関しては、それらから目を逸らすことがないようにしてください。

  知人から転職先を紹介してもらうメリット

友人や知り合いの先生の紹介で転職先を決定するメリットは、採用のハードルが低くなる点”です。
紹介であれば、相手の医療機関も比較的安心できるでしょう。
自分と医療機関の間に入る人物の信頼度が高ければ、より相手もこちらのことを信頼してくれるはず。
面接等は避けられませんが、それが形式的なものになることも少なくはありません。

また、自ら転職先を探す手間が省けると同時に、時間をかけずに転職先が決められるという利点もあります。

  知人から転職先を紹介してもらうデメリット

一方で、自ら情報を集めた訳ではないため、新たな職場へ求めようと考えていた条件等を果たしてクリアしているのか、ここの見極めが疎かになる可能性は否定できません。

もちろん面接時に待遇の詳細を聞き、必要であれば交渉し、何度か見学に訪れた上で決定できればこの点はあまり意識せずとも構いませんが、「信頼できる先生の紹介だから」ということで片付けてしまうと、満足度の低い転職になりかねないのです。

また、紹介によって転職をすると、もしそこが自分の価値観や転職の目的と合致しない施設であった場合、非常に辞めにくいという欠点”も出てきます。
知り合いの手前、簡単には辞められず、無駄な時間を過ごしてしまいかねません。


  自分で直接応募するケースの最大の利点

確かに楽でスムーズに事が進むことの多い知人などの紹介による転職ではありますが、決して楽観視はできないでしょう。

どうせ新たに勤める病院や診療所の情報を集め、見学に行き、面接で交渉等をする必要があるのであれば、自分で直接応募することを選択した方がメリットが大きいのかもしれません。

自分で直接応募するとなると、特に大阪府の医師求人は膨大な量となるため情報収集の手間はかかるものの、手間をかけた分、求人を見極める能力も身につき、丁寧な比較によって、より自分に合った求人と出会える可能性が高まります。

人からの紹介に頼ってしまうと…
入ってくる医療施設の情報はその1つのみとなる可能性が高く、これでは他の優良な求人案件と出会う機会すら得られないまま転職してしまうことになりかねないのです。

ベストな転職のためには、できるだけ多くの求人の中から選択することが必要不可欠。
それができない紹介という形で転職するのか、それとも、手間はかかるけれども大阪府の医師求人の中から最も自分に適した案件を選べるスタイルを取るのか、この答えを出す作業は、さほど難しくないのかもしれません。