転職を有利に進めるための“コンサルタント”とは

転職を思い通りに進められるか否か、転職で後悔しないか否か、そして、自分にベストマッチな求人案件が見つけられるか否か、これは経歴や経験、実績や能力とも関係していますが、それ以上に、『どのような転職活動を行うか』に大きく左右されると思っておくべきでしょう。

能力がいくら高くても要領の悪い転職活動を行えば転職に成功し得ませんし、自分自身に合った医療施設を発見することも難しいのです。

要領のいい転職活動を行うのに必要な存在、それがコンサルタントです。
コンサルタントの選択に迷う必要はあっても、コンサルタントの活用を迷う必要はありません。
利用することで、明らかに濃度の高い転職活動を行うことができるからです。

求職活動におけるコンサルタントというのは、主に転職エージェントと呼ばれるサイトへと登録することで利用することが可能となります。
それぞれのエージェントに属したコンサルタントがおり、その人に相談しながら共に転職活動を進めていくことができるのです。
登録先エージェントにより、“キャリアコンサルタント”と呼ばれることもあれば、“アドバイザー”と称しているところもありますが、受けられるサポート等は大差ありません。

もちろん利用は無料
一般企業向けのエージェントやコンサルティングサービスでは一部有料のサイトもありますが、医師向けのサイトやエージェントは全てのサービスが無料で提供されているため、ここからも利用しないという選択肢はないと言えます。


  交渉やアドバイスなどのサポートが最大の魅力

コンサルタントの活用が必須である最大の理由は『プロのサポートが受けられること』にあります。
医師は診療においてはプロですが、転職に関するプロフェッショナルではありません。
転職活動にはコツや成功するための正しいプロセス及びノウハウ等があり、医師が利用することができるコンサルタントは、“医師転職に関するプロ”であるため、利用することでそのノウハウ等の恩恵を受けることが可能なのです。

コンサルタントを活用すると…?

例えば、大阪府内における多くの医師求人の中から、コンサルタントに相談した医師に合った求人案件をピックアップして紹介してくれます。
自ら膨大な量の求人をチェックし選別していく作業を省くことができるのです。

また、給与の交渉面接日の調整応募書類の対策面接のアドバイス退職に関するサポートなども受けることができます。
腕はあるけれども、交渉事があまり上手ではなく転職で下手を打ってしまう医師もしばしば見られますが、プロのサポートを受けることで、こうした失敗も回避することができるわけです。

この類のサービスを利用するか否かは、最終的には医師本人が決めることではありますが、相談することで見えてくる自分自身の市場価値や転職の可能性というものもあり、それは決して小さなものではないはず。
それらと出会えるだけでも、活用する価値が感じられるのではないでしょうか。