焦るほど成功から遠のく医師の転職

転職活動を始めるにあたって、まず心に留めておきたいことは、「焦らないこと」でしょう。

転職しようと考えるときには、必ず「転職しよう…!」と考える原因があります。

”知り合いの医師や同じ分野で働く医師との収入格差”かもしれません。
”人間関係に耐えられなくなったこと”かもしれません。
”家族や家庭に関する変化や思い”が転職を検討させる医師もいるでしょう。
いずれにしても、その原因が焦りという感情を増幅させることは珍しくないのです。

ただ、焦ってしまったら、その時点で転職の失敗の可能性が上がることを理解しておかなければいけません。
焦ることで転職期間が短くなり、転職を成功させるために必要な情報収集やリサーチや分析等を疎かにしてしまうケースが少なくないのです。

『情報を集めること』それらを『分析しつつ比較すること』などは、転職成功の必須条件と言ってもいいでしょう。
それを疎かにして転職が成功するはずもありません。

焦りたくなる気持ちや、どうせなら早く職場を変えたいという感情は理解できますが、現在の職場を早く辞めることよりも、転職後の職場で満足して働くことを優先しなければならず、そのためには焦りは禁物であることを強く認識しておく必要があるのです。


  目的やキャリアプランを固めてから転職を

焦らなければ、必ず転職が成功するというわけでもありません。
急いで転職する必要はないものの、「危機感は抱きつつ転職活動へと突入するべき」でしょう。

危機感は、大阪府の医師求人を探す際に役立ちます。
求人数が膨大にある大阪府というエリアの中にあっても適当な求人選びとならず、本当に自分に合った医師求人を見つけることに寄与するのです。

危機感を持つ医師は、転職する目的を明確にするはず。
逆に、これがぼんやりとしている医師は、危機感を持っていないと言えるでしょう。
ただ単に、「今の職場を辞めたい」と考えているに過ぎず、キャリア全体を見通すことができていないと考えられます。
これでは適当に求人を選んでしまいかねません。
つまり、失敗する可能性が高まることを意味します。

「しっかりと考えを固める」ようにしましょう。
考えとは、転職の目的を含むキャリアプランをクリアにし、それを全うするにはどうすべきかという思案のことです。
年収にこだわるのか、技術の習得にこだわるのか、新たな分野への挑戦にこだわるのか、こうした考えを固めておかなければ、やはり実のある転職を実現させることはできません。

危機感を持ちつつ、しかし焦らないというのは難しいことではありますが、それが転職の成功へと直結することは間違いないと理解し、ある程度の時間をかけつつ転職活動を行うことを心がける必要があります。

医師求人や応募先を選ぶ際の絞り込み方


  譲れない条件を整理し優先順位をつける

自分自身に合う医師求人や医療機関というのは、『自身が病院やクリニックなどへと求める条件・待遇などをクリアしている求人及び医療機関』であるはずです。
そうであれば、応募先医療機関を探す際に譲れない条件を設定し、それに見合った求人を探すことこそが、自分自身に合う求人や病院・クリニックを探す方法となるはずです。

どのような目的で転職するとしても、”あらかじめ転職先に求める条件””妥協できない条件”は必ず整理しておきましょう。
その上で求人サイトなどを利用したりキャリアコンサルタントに相談したりしなければいけません。
それが納得のいく転職となるかどうかの最重要ポイントとなるからです。

ただ、その妥協できない条件が10も20もあるようでは、いくら大阪府が巨大都市で選択肢や求人数が多いからとは言っても、それを飲んでくれる医療機関を探すのは容易ではないでしょう。

できるだけ多くの選択肢を残しつつ比較検討できる状態とし転職の可能性を広げるためには、求める条件に優先順位をつけておく必要があります。
当然、その順位の高い条件を満たす求人を優先的に応募先候補として挙げていくためです。

条件に順位をつけるというこの作業をあらかじめ行っておくと、求人選びや絞り込みを本格化させる際に、時間や手間を随分と省くことができるはず。
忙しい医師にとって必須の作業となるため、面倒くさがらずに徹底しておきましょう。


  求める条件同士のバランスを確認し求人を選別

転職先に求める条件の優先度を明らかにし順位をつけておくこと、これは大切な作業となりますが、あくまでも条件同士のバランスを見極めつつ医師求人を絞り込んでいくことが重要です。

例えば…

住んでいる家から勤め先までの距離、つまり『通勤時間』を最も優先度の高い条件とする医師は少ないでしょう。
それよりも年収や業務内容、設備や環境などを重視する医師が多いはず。

しかし、優先度の高い条件が揃っていたとしても、自宅から医療機関までの通勤で2時間もかかってしまえば、それは非常に大きなデメリットとなってしまい、選びにくい求人となってしまいます。
優先度の高い条件を多少妥協したとしても、自宅から適度な距離にあり通いやすい求人の方が選ぶ価値が高くなるケースもあるのです。

最初につけておく優先順位は、あくまでも参考にすべき指標と捉えるべきでしょう。
他の条件との兼ね合いで、本来譲れないと考えていた条件も妥協せざるを得ない場面が出てくるはず。
他の条件とのバランスを見ながら考えることで、より納得度の高い転職とすることができるはずです。